ブラック過ぎて社員が消える職場の恐怖!正義感が強すぎて辞められなかった男性のケース

職場の重圧に耐えきれず、自ら命を絶つ若者を見るたび心が痛みます。

私自身、イヤになれば職場に見切りをつけてさっさと辞めてきた人です。

理解を超えたサビ残が色濃く残る昭和チックな企業やブラック企業から、なぜ逃げないのか辞めないのかメチャメチャ疑問でした。

みんな辞めたくても辞められない事情を持っているんだって、最近理解できました。

毎日4時間のサビ残で泊まり込みも珍しくない職場

東京都在住の30歳男 稲葉と申します。

23歳から25歳までオフィスの内装工事業をやっており、退職後は商業施設の店舗内装工事業で積算、事務員として勤務。

現在5年目になります。

私はオフィスの内装工事業で、テレアポから現場完了まですべての作業を一人で行う仕事をしておりました。

まず入社してすぐテレアポをさせられ、アポが取れたら一人で現場に行き、仕事をとってくる単純な仕事で従業員は10人程で入れ替わりの激しい職場でしたね。

何も知らない、わからない状態での打合せは地獄のようでしたね。

相手方もこちらが何も知らない、信用出来ないっていうのが目に見えてわかるので、精神的に厳しい場面が多かったですね。

なにより、毎週火曜日と金曜日は定例会議と評して会社近くの喫茶店でミーティングが行われるのですが、そこで会長と社長が仕事に対する話を延々とするんです。

3時間ほどミーティングが行われ、解散となるんですが、加えていつものように、一人でテレアポをして現場行って打合せをするので、時間があまりに足らない現状です。

毎日のように4時間以上のサビ残、酷いと2日間ほど会社に寝泊まりも珍しくありません。

残業代が出ない代わりに、仕事を取り利益を上げた数%を給料としてもらえるシステムですが、安い案件ばかりで殆どが雀の涙程度。

入社して1年程経った頃、私より先に入社していた先輩方はみんな辞めてしまい、わずか1年たらずの私でさえ教育係として任される始末。

実際たった1年でもそれなりに現場をこなした自負はあったので、知識はある程度身につきましたが、人に教えてるほど自分に時間も余裕もない状態です。

試用期間が終わったした段階で正直もうすでに辞めたい気持ちがありましたが、やっと就職できた気持ちからか、なかなか辞めるまで行き着きません。

2年程経ったでしょうか、今度は後輩までもどんどん辞めていき、最終的には従業員は4人まで減っていきました。

このままでは会社自体が持たないと、私も便乗して退社しました。

何度も退職考えたが中々タイミングが合わず葛藤

毎日のように、仕事がひと段落したら辞めようと考えていましたが、実際仕事が途切れることはなく、辞めるタイミングがなかなか掴めません。

また中途半端な状態で辞めたら今度は後輩にその荷が掛かりますので、辞めたくても辞められません。

会社の社風は、来るもの去るもは拒まずだったので、入れ替わりも多く、やめようと思ったらすんなりと辞めることは十分に可能でした。

新卒で入社した後輩を見ていると、これ以上の負担をさせたくない気持ちが強く、退職を踏みとどまってしまいます。

また、実際辞めた後はどうすのか考えたとき、次の仕事が見つかるのか、またアルバイト生活に戻るかと、将来の不安が押し寄せてきました。

仕事をしながら次の仕事を探すのは体力的にも時間的にも不可能であり、辞めてから次の仕事を探すとなると貯金も崩さないといけないじゃないですか?

ですから、ある程度貯金をためてから辞めないといけない現状も辛かったですね。

そんなこんなで2年目で貯金も貯まり、後輩も次々に辞めていく中、もうテレアポで新しい仕事を取るのを辞めました。

タイミングも良く、その時知人の紹介で仕事も紹介してもらったので、仕事を辞めることが出来ました。

辞めるとき社長と会長に話しをしましたが、ただ「そうか」で終わりました。

会社の体制を見直さない限り人は続きませんが、今でもその会社があるのかはわかりません。

売上インセンティブをもらえるはずが減額され不満

退職する前に抱えていた仕事が、今までの仕事の中で一番大きな仕事でした。

オフィスの内装工事で1000万円近くの工事はなかなかない中、上手く受注して仕事をもらうことができ、周りからももちろん定例会議の打合せのときにも褒められました。

ここまで大きな仕事を抱えていると、テレアポをして次の仕事を探しながらも難しい状況で、このビックプロジェクトが終わったら辞めようと心に誓った私。

ただ、あまりにも工事が長く続き、受注から約2ヶ月以上掛かってしまう状況。

もちろん、受注金額も工事終了後一括支払いではなく、着手金、工事完了時と2分割での支払いとなりました。

ただ、会社の仕組みとして、その月の利益分の数%がもらえるシステムだった為、月が別れて支払いをされると売上ボーナス分の給料が下がってしまいます。

こんな大きな仕事を取ってく来たのに、それだけは避けたいじゃないですか?

本来であれば80万円近くもらえる予定なのに、結局45万円しかもらえない計算です。

正直、ここまで頑張ったのに、ブルーでした。

流石にこの仕組はおかしいと社長と会長に直談判。

支払いをしてくれと頼み込みましたが、会社の仕様上出来ないと言われ、めちゃくちゃ悔しくて、悲しくて、憤りが高まり人生で初めて仕事のことで泣きました。

自分自身このままでは絶対に許せないと、なにか会社へ仕返しが出来ないか考えました。

本当は社会人としてダメなんですけどね。

まず、着手金をもらう前に相手方の会社へ出向き、「着手金はいりませんので、工事完了時に満額支払いへお願い致します」と言いに行き、そして毎週2日もある定例会議には出席せず、すべて現場に行き、なるべく早く工事が終わるように行動をしました。

2ヶ月かかる仕事を1ヶ月ちょっとで完成にもっていけ、会社にも着手金を誤魔化しながら工事完了時の満額支払いへとすることが出来ました。

会社には予定通り80万円近くの報酬をもらい、それと同時に退職宣言。

1ヶ月ほどの有給休暇を使用して仕事を辞めましたが、思い返してみれば人生の中で一番充実した1ヶ月だったんじゃないかな。

廃人になりかけたが妻と出会えて今は感謝できる

今でもあの会社に勤務し続けていたら、廃人になっていた自信があります。

ただ、その会社のおかげで仕事をする上での心構え、精神面では大きく成長できました。

そしてなによりも感謝をしたいことが1つあります。

私が1年目で教育係になったときに新卒の新入社員として入社してきたのが、今の嫁さんです。

最初はこんな会社に新卒で入社するなんて可哀想なんだろうと不憫でしたが、彼女の仕事に対する真面目さに関心して仕事以外での付き合いが増えていきました。

ただ私の仕事が忙しく、精神的にも参っていたのでその時はまだお付き合いするまでには至りません。

先に私が退職をして、それを追うように彼女も退職したと連絡がありました。

こんなにも早く続けて辞めるとは思いませんでしたが、正直嬉しかったですね。

彼女自身も辞めることに対しては抵抗はあったみたいですが、同じ知人の伝で大企業へ転職が叶ったようなんです。

羨ましい(笑

今では子供も出来て、夫婦共に幸せに暮らしています。

あの会社に務めていなければ、入社してすぐ辞めていたら、彼女がこの会社を選ばなかったらなどと考えると、今までの行動は間違えていなかったんだと自信になります。

数年であまりに大きい出来事を経験したおかげで、仕事に対する思いや考え方が大きく変わりました。

これからも今の仕事を続けるかどうかも考えてはいますが、辞める決断もそんなに悪いことじゃないんだなと、次の仕事ではもっと良いことがあるかもしれないと前向きに考えれるようになりました。

社員が消える職場から辞められなかった理由まとめ

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • 年齢職業:20代営業職
    退職理由:サビ残、オーバーワーク
    円満退職: 1.0 (残業代が全く支払われないブラック体質)
    おすすめ:汐留パートナーズ

後輩のことを想うと、自分だけ辞められなと考える優しい男の話でした。

皆さんは、廃人になって再起不能になる前に、専門家に相談してみてくださいね。

私みたいになると、もう後戻りできませんから。

最新情報をチェックしよう!
>まだ会社員して消耗してるの?

まだ会社員して消耗してるの?

雇われ人って凄まじい重圧のもと仕事をするので、ストレスが溜まりますよね?

私自身、40代でリストラされて、再就職先で粘着質な同僚に付きまとわれ鬱病になって絶望しましたが、今は自営業者になって自由気ままに生きています。

私が身も心も自由になれた理由は、ほんのちょっと努力しただけ!

その秘訣をメルマガで教えます!いつから動くの?今でしょ!

CTR IMG