同僚からの嫌がらせでノイローゼ!心がダメになって退職した女性の話

あなたの職場にも嫌な奴はいますよね?

事あるごとに噛みついてきたり、何がなんでもあなたの意見を全否定。

性格が合わないだけなら避ければいいけど、立場を利用して図に乗ってくる奴は厄介です。

私自身、転職先で人のアラばかり探す粘着質な50代に付きまとわれて、うつ病になってしまいましたから。

人のアラを探して自分のミスは完全にスルーする女

46歳。

現在は仕事を辞めて単発のバイトやクラウドソーシング等の仕事をしています。

私は大学を卒業後、10年間児童館職員として働いていましたが、31歳の時にそれまで勤めていた児童館から異動。

楽しかった元の職場とは一変、異動先の人間関係に悩まされ精神的に参って退職することになりました。

児童館の仕事を始めて何度か異動は経験していましたが、私が退職する原因となった児童館はすぐに異常さを感じる複雑な人間関係。

引継と挨拶で異動先の館長を訪ねた際に、私と入れ替わりで異動するベテランの先生が職員達の事を随分厳しく評価しており、その時点で不安があったのですが、いざその中へ入ってみると驚くことばかり。

その児童館で1番古株の非常勤Mさんは、頭がよく児童にも職員にも大変厳しい人で、年配で常勤職員のKさんはMさんにいつも怒られてばかりいてノイローゼ気味。

Mさんは私やもう一人新しく入った新人の子にも常に怒ったり嫌味をよく言い、しかし自分の間違いや横柄さには知らんぷりする最悪の人でした。

これではいけないと館長に相談しましたが、Mさんが厳しいことで子供たちが怖がって先生のいう事を素直に聞くため、館長はそれでよしとしている考えでした。

しかし職員の人間関係や子供が先生を怖がってゴマをする態度が許せなかった私は、その後何度かMさんと対立。

その都度、館長や本部の課長に相談しましたが、その間どんどん神経がすり減り眠れなくなり体重も落ちていきました。

これでは館内の児童達の安全を守るのは無理だと思い、退職を決めた次第です。

退職が受理された後になぜか始まった引き留め工作

1番心配だったのは、ノイローゼ気味になっている先生達が、この複雑な人間関係の中でやっていけるかどうかが気になりました。

その点については2人と話し合ったのですが、先生は「課長に話して来年は異動させてもらうようにお願いする。」と、新人の子は「私は非常勤なのでM先生と顔を合わせる機会は比較的少ないので大丈夫です。それに仕事の契約期間は1年なので今年だけ何とか我慢します。」とのことだったので少し安心。

次に気になったのは、私が異動してきて半年で退職することを父兄や児童にどのように説明するか。

しかしその点は嘘をつかず「体調不良で退職します。」と説明しました。

もちろん内部のごたごたまでは、口にしません。

しかしここにきて、館長が私が退職する事をすぐには納得してくれない事態が発生。

その理由はよく分かりませんでしたが、なぜか強く引き止められました。

しかし私の心はもう決まっていましたし、憶測ですが異動してきたばかりの職員が人間関係の悩みから半年足らずで退職する事が館長の責任になると考えたからではないでしょうか?

ただ本心はわかりませんし知りたいとも思いませんでしたね。

しかし私の中で、館長にはすでに見切りをつけていて、何か相談する時は本部の係長さんに話すようにしていたため、引き止める館長には「本部の係長にすでに退職の意向を告げて書類を準備して頂くようにお願いしてありますので気持ちが変わる事はありません。」とお話ししました。

退職の理由は古株女の傲慢さで心身共に病んだから

児童館職員として10年働いてきましたが、このような異常な人間関係の児童館は初めてでした。

私は異動してすぐに職員関係がぎくしゃくしている事に気付きました。

と言いますのも、この児童館で1番古株の非常勤Mさんが、異動してきたばかりの私に常勤のKさんの悪口を毎日のように話してきたからです。

最初はただうなずいていたものの、日が経つにつれMさんの傲慢さや、Mさんが原因でKさんがノイローゼぎみになっている事が分かりました。

これではいけないと、直接Mさんと話をするも私を敵視するだけで話し合う姿勢にはなってもらえず、日に日に私も精神的に辛くなり眠れず食べれず、とうとう病休を取るまでになってしまいました。

退職理由は沢山ありますが、1番は私の体と心がダメになったことで子供たちの安全を守れないと感じた事が最も大きな原因です。

児童館の職員は少ない人数で大勢の子供たちの安全を守らなければいけません。

しかしその時の私は、他人の事を守れる精神状態ではない事を自覚していました。

ならば児童館で働いてはいけないと退職を決めましたが、Mがいなければ、この児童館に異動してこなければ、私はもっと児童館で働いていただろうと悔しい気持ちでいっぱいでした。

しかし、自分が弱いせいだって気持ちもぬぐえません。

定年まで勤めるつもりが悔しくて情けない気持ち

正直言いますと、私は定年60歳まで児童館で働くものと思っていました。

それだけに、退職すると自分で決めたものの悔しい気持ちや情けない気持ちはぬぐいきれません。

しかし、その児童館で働いている時間は私にとって本当に地獄だったんです。

Mさんの傲慢さには皆が気付いていて、しかし頭がよくミスが少ない彼女に対して言い返せる言葉がないんですよね。

意見を言ったとしても、強い口調で言い返されるのを皆知っていたので、私に優しい言葉はかけてくれるもののそれ以上は何もできない状態。

眠れず、食べれず病院で大泣きした時は本当に苦しかったですね。

ですので、退職が受理された日は悲しいとか悔しいとかよりも開放感で一杯だったのが不思議。

もうあの職場に行かなくていいと思うだけで、目の前が明るくなる気持ちでしたね。

さあ、次はどんな仕事をしようかとワクワクしたくらいです。

この話には後日談があります。

退職して約1年後に聞いたのですが、私が退職をする時に、Kさんは来年は本部に異動を願い出ると言っていたし、新人の子は1年契約なので残り半年だけ辛抱するとのことだったので安心していました。

新人の子は1年間児童館で勤めたあと、もともと希望していた保育園で働くことにしたそうです。

しかしKさんは、本部に異動を願い出たものの受け入れてもらえなかったそうです。

しかも本部はMさんとKさん以外の職員を全員異動させたのだそうです。

つまり協力し合うか、どちらかが辞めるか状況を作ったのです。

結局はノイローゼ気味だったKさんが辞め、Mさんは勤務態度不良で実質クビになったそうです。

同僚からの嫌がらせで心がダメになって退職した女

最後に要点をまとめておきますので参考にしてください。

  • 年齢職業:30代児童館職員
  • 退職理由:同僚の嫌がらせ・パワハラ
  • 円満退職: 1.0 (公共施設特有の事なかれ主義)
  • おすすめ:汐留パートナーズ

私も粘着質な経理職に付きまとわれたので、彼女の気持ちは痛いほど分かります。

こういうタイプの人間は、自分が中心に世界が回っていると本気で考えているので本当に厄介です。

他の同僚達も巻き込まれるのを恐れて、助けてくれませんしね。

辛かったでしょうが、新しい人生を謳歌できることを願っています。

最新情報をチェックしよう!
>まだ会社員して消耗してるの?

まだ会社員して消耗してるの?

雇われ人って凄まじい重圧のもと仕事をするので、ストレスが溜まりますよね?

私自身、40代でリストラされて、再就職先で粘着質な同僚に付きまとわれ鬱病になって絶望しましたが、今は自営業者になって自由気ままに生きています。

私が身も心も自由になれた理由は、ほんのちょっと努力しただけ!

その秘訣をメルマガで教えます!いつから動くの?今でしょ!

CTR IMG