私の退職理由は体調不良!早出はサビ残扱いのブラック工場からの脱出

ブラック企業は、この世からなくなって欲しいと思いませんか?

厚生労働省がブラック企業一覧を発表したのに一向に減る兆しが見えませんし、何故か外国人の雇用を優先したがる政府には疑問しか感じません。

私自身、ブラック企業に数か月籍を置いた経験があるのですが、まず経営陣がウソつきですね。

労働条件通知書も雇用契約書も、試用期間が終わらないと出せない法律になっているとか平気でウソを付く。

法律の事を知らなければコロッと騙されて搾取されてしまうんですよね。

9時から作業を開始するため1時間前には早出出社

こんにちは!48歳女、三橋と申します。

数年前まで大手食品会社の工場で働いていました。

訳あって退職し、現在は介護助手の仕事をしています。

資格がないので、まだ配膳やベッドのシーツを替えるくらいのことしかできませんが、毎日充実しています。

私は大手食品会社の工場でレストランに卸す食材の箱詰め作業をしていましたが、残業が多くて疲れ果てていました。

建前的には朝の9時から始業するのですが、機械に資材をセットして賞味期限の印字の調整する前準備があって、1時間前には出勤しなければなりません。

しかも、あろうことか早出手当が全くつかなかったんですよね。

この後、介護のお仕事に就いて初めてこの事実を知った時には、悔しくて悔しくて、なんとかして取り戻したいなんて考えていました。

チクショー!!法律を知らないからと従業員をバカにしやがってって感じですよ。

当時は、これが法律違反だって認識はありませんから、「他の会社も早出手当は付かないんだな」と疑う余地もありません。

通勤時間も合わせると、7時半には家を出なければなりません。

ですから実質は、7時半からその日のノルマの数をこなすまで終業できないわけです。

数量的に残業になるかならないかのギリギリで設定されているので、何かトラブルがあると残業確定。

トラブルの多くは機械の故障によるもので、常にストレスを抱えていました。

機械が故障すればメンテナンスの係の人を呼んで直してもらわなければなりませんが、内線で呼び出しても通じない。

通じても、「他の機械を直しているのですぐには行けない、待っててください」の一点張り。

つまり、工場の機械全体が古くて故障が多いのに、新しい機械に替えないので応急処置をしてもすぐにまた故障をしてしまう悪循環が起こっていました。

待っている時間が長くなればそれだけ残業時間が長くなります。

それでも1時間程度なら我慢出来ましたが、ある日、箱詰めした商品を地下に下ろすリフトが故障してしまい、何もしないまま半日が過ぎたことがありました。

もちろんその半日分の作業もリフトが直ってからやらなければなりません。

帰りが23時を回った時は、もう続けていけないと私は確信しました。

後任が決まるまで辞められないが新人はすぐ辞める

私は退職するにあたり、はたしてすぐに退職させてくれるだろうか心配しました。

私の担当していた部署は範囲が広く、いくつもの機械を同時に見なければなりません。

また、隣のラインも使用するため、2か所の機械の調整を覚えなければなりませんでした。

私自身、前任者につきっきりで教えてもらい、覚えるのに3ヶ月はかかりました。それでも慣れずに、完璧に1人で作業ができるようになるのにさらに2ヶ月かかりました。

ちょうど2年がたった時、一度退職したい旨を伝えて新しい人を入れてもらいましたが、機械の調整の難解さと残業の多さで1ヶ月も経たないうちに3人が次々と退職。

私はなかなか人が定着してくれないので、パートさんでもいいので雇ってほしいと頼みました。

正社員でなければ任せられないラインなのでと言われ、課長からもしつこく引き留められ、結局は退職願を取り消された苦い経験をしていたからなんです。

今回は2回目の退職チャレンジでもあり、また嫌な顔をされるだろうな、退職の意志撤回の引き延ばし工作が繰り広げられるんだろうなと、考えるだけで頭が痛くなりました。

が、ここで妥協すればもう絶対に辞められないだろうと、思い切って上司に相談。

一応3ヶ月は引継ぎ期間で在職すると約束はしましたが、以前のように次々に辞められると、また退職できないのではと不安が離れませんでしたね。

あの手この手で繰り広げられる引き留めにウンザリ

退職理由はやはり機械の故障による残業の多さと、ストレスからくる体調の悪化。

機械がトラブルたびに胃痛と吐き気が起こり、血便まで出るようになっていました。

そして、皇后陛下の雅子様もなられた帯状疱疹になり、お医者さんから1週間は休養するよう言われたのに、機械を動かせる者が私しかおらずに休めなかったからです。

そこは正直に「体調が良くないので」と伝えました。

退職するにあたり体調不良が理由だったので、やはり引き止められました。

「体調が良くなるまで休んでもいいから退職はしないでほしい」と言われました。

でも正直言って、1日でも普通に休めたら退職は考えませんでしたよ。

体調が悪い日に普通に休むことさえ許されないから、退職するしかないじゃないですか?

もし診断書を出して治癒までに3ヶ月かかると言えば、どう答えるのだろうかと皮肉っぽいことを考えてしまいました。

どうしても退職したいと願い出て、新しい社員を募集してくれましたが、案の定4人来たうちの3人まではすぐに辞めてしまいました。

でもまぁ、最後の1人だけは頑張って続けてくれました。

でも入社時の身体検査で貧血判定が出ていたみたいで、入社を取り消そう的な話が出ましたが、私は「冗談じゃない!!」と課長に直談判。

2か月もかかってやっと仕事を覚え始めたのに、今さら試用期間で解雇は酷すぎます。

貧血があってもちゃんと仕事ができているのだから、続けさせてあげてください。この人が入社取り消しになっても私は3ヶ月で退社しますよと。

すると課長も仕方なく了解してくれて、彼女の入社取り消しはなくなりました。

そして約束の3ヶ月になって、退職日を迎えました。

その時感じた感情ですか?

やっぱり寂しかったですね。

せいせいすると思っていたのに、今まで見て来た機械が妙に愛しく感じて、引継ぎをした人に「お願いします」と子供を託す気持で頭を下げました。

退職して抱えていたストレスが消え嘘みたいに完治

退職して良かった点は、やはりストレスがなくなったことです。

これまで慢性的な胃炎だったのが、嘘のように完全に治りました。

一日中同じ場所で立ち仕事をしていたので、足のむくみもなくなりました。

体調が良くなったことが一番の良かった点ですね。

ストレスがなくなるとこれだけ違うんだと身をもって感じました。

でも勢いで辞めた私は、次の職業がすぐに見つからず多少苦労するハメに陥りました。

あってもパートしかなく、フルタイムで働いても時給が安いので前職と比べても格段の差がありました。

ボーナスもないのは辛かったです。

だから、パート勤めをしながらも常に正社員の職を探していました。

平日が休みだったので、そのたびにハローワークに通い、顔見知りになった職員さんが「介護のお仕事はどうですか?」と提案してくれました。

まったく未知の分野でしたが、資格がなくてもできるし、資格は施設が取らせてくれるって聞いて、やってみようかなと考えました。

でも40歳を過ぎていたので本当に大丈夫なのか不安でしたが、職員さんは「介護業界では40代は若い方ですよ、全然大丈夫です」と言ってくれたので、安心して面接に行けました。

面接を受けると、その場で採用が決まり出社日の話になりました。

もちろん正社員ですし、給料もそれほど悪くなく採用が決まって本当に嬉しかったですね。

介護の仕事は大変ですが、機械ではなく人が相手なので心を寄せれば高齢者も気持ちよく応えてくれます。

今の仕事が自分に合っていると心から思え、難癖付けられながらも退職して良かったです。

早出はサビ残扱いのブラック企業からの脱出まとめ

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • 年齢職業:40代食品工場機械オペレーター
    退職理由:残業の多さに伴うストレス
    円満退職: 1.5 (後任が定着するまで辞められない)
    おすすめ:汐留パートナーズ

その後彼女は労働問題に詳しい弁護士さんを見つけ、未払の早出残業の請求に乗り出しました。

彼女のように気付けた人はある意味ラッキーですよね。

みなさんも、コロっと騙されないよう注意してくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>まだ会社員して消耗してるの?

まだ会社員して消耗してるの?

雇われ人って凄まじい重圧のもと仕事をするので、ストレスが溜まりますよね?

私自身、40代でリストラされて、再就職先で粘着質な同僚に付きまとわれ鬱病になって絶望しましたが、今は自営業者になって自由気ままに生きています。

私が身も心も自由になれた理由は、ほんのちょっと努力しただけ!

その秘訣をメルマガで教えます!いつから動くの?今でしょ!

CTR IMG